カープ倉義和引退…最後にやっと黒田とのバッテリーを見られました!

2016年9月20日に引退を発表した倉義和。

寂しいですね~

一昔前は倉-石原だったのが、今やすっかり石原-會澤、ですもんね・・・

今年は一軍での出場はゼロ。ゆえに「戦力になってない」とのことで引退を決意したようです。

スポンサーリンク

●黒田

倉といえば黒田ですよね。

黒田がメジャーに行く前の数年間は、黒田が登板する試合は倉でした。

黒田がカープに復帰したときは、黒田-倉のバッテリー再現があるかと期待したけど、そうもいかなかったようですね。

倉選手の引退会見でも

  • 「黒田さんに教育していただいた」
  • 「今の自分があるのは黒田さんのおかげ」
  • 「印象に残ってる試合は黒田さんの最多勝がかかった神宮での試合」
  • 「黒田さんがメジャーから帰ってこられる可能性があるうちは現役でいようと思った」

等々黒田だらけ。よっぽど大きい存在なんでしょうね。

更に黒田-倉といえば、2005年春のキャンプでの騒動ですよね~

●2005年春のキャンプで黒田激怒

ブルペンで黒田のキャッチャーをするさいに、新品のミットを慣らしていて、音が出ずに激怒された。

っていうニュアンスが当時の報道だったと記憶してるし、一般的だと思ってたんですけど、達川が先日の二軍の中日戦の解説で言ってたのが、

ブルペンで黒田のキャッチャーを務めた倉捕手。

バッターボックスには当時の監督山本浩二。

で、黒田が2球、3球と投げるうちにコージが「おい倉!音が出とらんぞ!」

とゲキを飛ばすようになって、黒田もそのうち怒ってピッチングをやめて帰ってしまった・・・

みたいな感じだったんですよね。

だいぶニュアンスが違うな、と思ったんですけど引退会見でも

「サラのミットとみんな言うんですけど、自分の中ではちょっと使って音が鳴る状態だと思って持って行ったのが、鳴らさないといけないという緊張のあまり、それが悪い方にいってしまったという・・・」

と本人も言っていたので、達川が言ってた感じが本当なんでしょうね。

どうして当時の報道がねじ曲がったのかはアレですけど、後の倉の感じを見ても、キャンプに新品のミットを持って行くような怠慢をするような人には見えないですね。

●初サヨナラヒット

もう10年以上前ですけど、まだ市民球場での巨人戦。ドロッドロにもつれた延長の最終回。もう野手は倉しか残ってないって状態でピッチャーに回ってきたので代打倉。

たしか2アウトだったので「同点で終わりか~」

とか思ってたら、センターへボテボテっと抜けるヒットでサヨナラ勝ち(笑)

当時のカープは弱かったですからね~

こんな一勝をかみしめるくらいしかなかったですね(笑)

そして倉のことも「どうせ一軍に定着するような選手ではないだろうし、いい思い出ができてよかったね」

って感じで思ってたんですけど、まさか正捕手の座を勝ち取って、コーチ兼任するまでの選手になるとは・・・

自分の野球を見る目のなさを痛感しましたね(笑)

●石原

黒田とひと悶着あったキャンプで石原が骨折。ただでさえ弱い当時のカープに更なる試練の正捕手離脱。まさかの開幕捕手は倉。

絶望感は半端じゃなかったですね(笑)

しかしその開幕戦で黒田と組み、黒田は完投勝利!

よもや!

と思いましたね~

その年は結局最下位だったんですけどね(笑)

倉は75年度生まれ、97年ドラ5で入団。

石原は79年度生まれ、01年ドラ3で入団。

今やすっかり石原-會澤(ヘタしたら磯村)、なカープの捕手事情ですけど、時代は変わりましたね~

10年前は守備の倉、バッティングは石原、ってイメージだったんですけどね。

石原は今年は打率.150の頃もあって今や、守備の石原、打の會澤ですもんね。

倉は守っては固いイメージだけど、実は一回だけ打率.274って年もあったんですよね。やたら打つ方はムラがあるようで。

しかし正捕手を奪い合った後輩の石原とはどんな関係だったんでしょう。

当時はわからないけど、今日の引退試合で交代するときの石原はいい笑顔でした!

無骨で無口なイメージの石原だけど、黒田の200勝のときといい、同僚の花舞台は異常に嬉しそうですね。

紳士な大人が多いですね~

●引退試合

2016年9月20日に引退を発表して、その直後の25日。マツダでの最終試合の1回の表。

ついに黒田-倉のバッテリーを見ることができました!

お約束の一人だけ、とはいえなかなか感慨深いものがありましたね~

しかし直後に雨で中断。

わりと例外なくらいの長さ(1時間20分くらい)の中断から雨天中止でノーゲーム・・・

公式には黒田とのバッテリーはなかったことに。

10月1日に代替試合が予定されてるようですけど、仕切り直しはないでしょうね。。

そして雨天中止の正式発表後、恒例のベースランニングからの、雨中のヘッドスライディング(笑)

ヤクルトの選手もベンチに残っててくれましたね。3塁ベースを回ったところで3塁ベンチに一礼!

からの豪快なヘッドスライディング。

良かったですね~

●お疲れ様でした

倉は黒田の一つ下だから41歳。

同級生は、今やすっかり一塁コチャーズボックスが板についた玉木コーチや、今やすっかりヤクルトの人な福地コーチ。

同期入団は、林昌樹投手や小林幹英投手。

だから、プロ野球選手としては長寿ですよね。

そもそも毎年毎年戦力外通告におびえてる選手が多いであろう環境で、引退会見&引退試合をしてもらえる選手ってだけで一流ですよね。

いぶし銀なイメージの倉選手でしたけど、最後のハイタッチでチームメイトに慕われてる感じがにじみ出てました!

これからは指導者としてカープを支えてくれるんでしょう。

お疲れ様でした!


スポンサーリンク

_

コメントを残す

サブコンテンツ