カープ 小窪哲也、登場曲はエレファントカシマシの「風に吹かれて」

エレファントカシマシはボーカル宮本浩次を中心としたロックバンド。中学の同級生が中心となって、大きなメンバー交代もないまま数十年。子供の時の友達と、50代に突入してなお元気にロックしてるバンド、なかなかできないことです。憧れますね!
エレファントカシマシ公式HPはこちら

そんなエレファントカシマシの「風に吹かれて」が小窪哲也の登場曲。

エレファントカシマシは元々ハードロックのコピーバンドで始まってるんですよね。Deep Purple~レインボーなんかのコピーをしていたようです。

それと同時にRCサクセションなんかのコピーもしていたようで、洋楽ロック+日本語の歌詞という意味ではこっちの影響の方が強いでしょうね。

強烈な歌声の宮本さんは、清志郎の影響も強いんでしょうけど、個人的にはRCのギタリストのチャボ(仲井戸麗市)っぽく聴こえますね。

メロディのフォーキーさも清志郎よりチャボっぽいか、といった感じです。

「風に吹かれて」もフォーキーなメロディをソリッドなバンドサウンドで囲むという、典型的な楽曲ですね。

たまに入ってくるよくわからないパッドの音も、広げるという役割よりは不器用な感じで、それが無骨さを強調してるように聴こえます!

しかし、ギターのアレンジは素晴らしいですね!アコースティックギターで広げつつの左右に散りばめたエレキの音色、たまらないですね。。。

ありがちな音像のはずなのに、イントロのクサいフレーズ等、唯一無二だと思います!

小窪選手、若い頃はもう少しポップなイメージだったのに、ほうれい線(笑)が目立ってきた最近はなんだか寡黙で無骨なイメージ?なので、この曲はピッタリな気がします。

去年2015年は代打で打ちまくってスタメンで起用されるとさっぱり、今年2016年はスタメンで起用されるとそこそこ打つのに代打だとさっぱり。

微妙な感じだけど、FAを行使しなかっただけで偉い!

ということで2016選手会長、頑張ってほしいですね!

カープ 登場曲一覧 2017はこちら
カープ 登場曲一覧 2016はこちら


スポンサーリンク

_

コメントを残す

サブコンテンツ