2016年からの新ルールキャッチャーのブロック禁止が発動しましたね

今日3月15日のヤクルトとのオープン戦で、コリジョンルールが適用されて、アウト判定が覆りセーフになりましたね~

2塁ランナーのカープ松山が、会沢のヒットで本塁まで激走。

一度はアウト判定をされた松山ですけど、ヤクルトキャッチャー中村の足がベースを塞いでた、と緒方が抗議してビデオ判定。

等の結果、判定は覆ってセーフに。

そりゃそうですよね、ルールなんだから。

だいたいからしてあのホームでのクロスプレー、嫌いだったんですよね~

格闘技じゃないんだから、と思ってました。

ベースを隠していいんなら、ホームベースを引き抜いて、追っかけっこでもすればいいのにとか思います。

それくらい醜いプレーだと思いますねー。

キャッチャーは長年の習慣で大変でしょうけど、下手なケガからは守られるわけだし、いいことですよね。

ついでにゲッツーのときのランナーのわざとらしい妨害、あれも一発退場にしてもいいんじゃないかと思います。

完全に故意ですからね。

かなり根本的なルール改正で、1点に直結してるルールだけに、審判も大変でしょうけど、是非とも公平なジャッジになって欲しいもんですね。

動画を見ると本塁でのクロスプレーは、だいぶ違和感があるけどすぐに普通になるでしょうね。

来年の今頃、2015年以前の動画を見ると、なんてラフプレーなんだ…って思ってると思います。。


スポンサーリンク

_

コメントを残す

サブコンテンツ