カープ黒田は打つ方はダメ!?山本昌の1000奪三振目のバッターだった

中日の、というか球界のレジェンド山本昌投手。

前にラジオかなにかで1000奪三振のときのことについて話してたのを思い出したんですよね。

山本昌投手が、1000奪三振を達成したのは1997年7月15日、ナゴヤドームでのカープ戦だったんですね。

その日の3回表に、999奪三振となって迎えたバッターが、黒田博樹投手

97年といえば前田智徳や野村謙二郎らが現役バリバリの時代。黒田はデビューした年でまだまだ無名ですよね~

スポンサーリンク

_

節目の1000奪三振を目前とした山本昌投手。せっかくなら今目の前に居る無名な若いピッチャーからより、前田クラスの有名な選手から決めたい。

かといって試合だから、わざとフォアボールを出すわけにはいかない(←当たり前だけどなんかカッコイイ)。

そこで、内野ゴロでも打ってくれ、との思いでド真ん中にストレートを投げることにしたそうなんです。

結果、ド真ん中に投げられたストレートで三球三振、見事山本昌投手の奪三振1000人目のバッターになったわけです(笑)

これには山本昌投手も
「いい加減にしろ!どこを見て振ってるんだ!黒田のバッティングはヒドイ!!」

の思いだったようですが、逆に前田や野村より、もっと有名な人が節目のバッターになった(的なことを)言ってました。

山本昌は投手としてだけではなくて、しゃべりも上手いですよね。滑舌も良くて聞き取りやすいし。

ちなみに黒田のカープに帰ってくる寸前、2014年までの日米通算成績は

709打数64安打 23打点 打率.086 328三振。

打率1割も行ってないんですね。

マエケンなんかもそうだけど、一流のピッチャーってセンスの塊だろうから、打つ方も得意な人が多いでイメージで。それだけに意外な感じもしますが。。

更に、バッティングが得意ではないことは、本人が一番わかってるだろうに、バッターボックスでは喰らいついていきますもんね。

そんな諸々のイメージで、正直ここまでバッティングが苦手な人という認識を、まったく持ってませんでした。

今年もガッツあふれるプレーを見せてもらいたいですね。

ちなみに山本昌投手の2000奪三振目の試合もカープで、バッターは新井貴浩選手だったようで。実にカープらしいですね(笑)


スポンサーリンク

_

コメントを残す

サブコンテンツ